dog48


なぜ犬のしつけが上手くいかないのか?

何をやっても言うことを聞いてくれず失敗する。

実は、しつけで失敗する人にはある特徴があります。

具体的には・・・

飽きっぽい人
叱り方が下手
散歩が短い、運動させない
甘やかし過ぎる


これらがあります。


■飽きっぽい人

飽きっぽい人は、犬のしつけで失敗することがあります。

なぜなら、犬のしつけは、何度も繰り返す必要があるからです。

最初は、失敗することも多いですが、繰り返していくうちにしつけも覚えていきます。

ですが、意志が弱いく長続きしない人は、途中で止めてしまうんですね。

その結果、しつけが失敗して言う事を聞いてくれない犬となります。


■叱り方が下手

犬のしつけが失敗する人の特徴としては叱り方が下手というのがあります。

問題行動を起こした時に叱るのは当然ですが、叱ったり、叱らなかったり・・・。

こうなると、なぜ怒られているのか犬は理解できなくなってしまいます。

また、小さい声で叱ったり、叱り続ける行為もNGです。

犬が悪さをした時だけピンポイントで叱ることがコツになります。


■散歩が短い、運動させない

犬の散歩が短かったり、散歩に連れていかない。

極端に運動が少ないと犬はストレスが溜まります。

その結果、飼い主の言う事を聞いてくれません。

健康にもよろしくないので、犬を散歩に連れていき運動させることが重要です。

健康の犬であれば、散歩は毎日させましょう。


■甘やかし過ぎる

甘やかし過ぎも犬のしつけが失敗する人の特徴になります。

四六時中、犬と一緒に遊んでいたり、問題行動を起こしても叱らない。

この場合、犬は飼い主よりも立場が上と思い込んでしまいます。

もちろん、これではしつけが成功するわけがありません。

・・・・

犬のしつけが失敗する人の特徴にはこれらがあります。

しつけを無視して一緒に暮らしていたら、犬のやりたい放題となります。

どこかでケジメをつけてしつけのトレーニングをしなければいけません!


手っ取り早いのが、ドッグトレーナーから直接、指導してもらうことです。

ただ、多くの人は、時間や金銭的な問題から犬のしつけ教室には通いません。


であるなら、犬のしつけ動画「イヌバーシティ」を試してみてください。

ドックトレーナーの専門家による犬のしつけ講座となっています。

サポートもしっかりしていて、今すぐにでも動画を閲覧することができます。

先ずは、次のページを確認してみてください。

⇒イヌバーシティの公式サイトに移動する!